HOMEへ
施設の基本理念へ
事業計画へ
財務諸表へ
施設紹介へ
施設のご利用案内へ
施設のアルバムへ
求人・その他のご案内へ
施設の広報誌へ
関連施設のご案内へ
リンクへ
競輪補助事業のお知らせへ


   社会福祉法人
  創世福祉事業団

 
大信「聖・虹の郷」

〒969-0308
白河市大信増見
字八幡山55-3

TEL:0248-54-5550   FAX:0248-54-5551


  
社会福祉法人 創世福祉事業団  特別養護老人ホーム 大信「聖・虹の郷」
平成22年度 事業計画
施設名 特別養護老人ホーム 大信「聖・虹の郷」
施設長名 近藤 晶子
住 所 〒969-0308 白河市大信増見字八幡山55-3 電 話 0248-54-5550
FAX 0248-54-5551
■施設概要    
●介護老人福祉施設 入所定員 50名
●短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護 入所定員 10名
■運営方針    
〜ご家族様が「自分の大切な人」を、心から安心して任せられる「もうひとつの家」を目指します〜
 介護が必要な状態になっても、ごく普通の生活を営むことができるよう、お一人おひとりの介護計画に基づき、社会復帰や自立のために必要な訓練や援助を行います。またこれまでの生活習慣や身体機能を活かしながら自立した生活を営むことができるよう支援いたします。
(1)安心できる施設づくり
 安全・快適にお過ごしいただくために、感染症対策や事故防止対策をはじめ緊急時の対応、災害時の対応等について職場内研修を定期的に行い、職員全員が周知徹底し、安全な環境を整えます。
(2)居心地の良い施設づくり
 個人のプライバシーと生活のリズムを保障できる空間と、ほかの利用者や職員と新しい関係を築くことのできる小さな生活規模という、ユニットケアの特徴を生かし、職員は利用者一人ひとりと丁寧に向き合い、利用者の意思と人間性を尊重した個別ケアを実現いたします。
(3)地域に根ざした施設づくり
 地区の住民であるといった意識のもと、地域の方が気軽に立ち寄れる場所になるよう、各学校関係など
の公的機関や、ボランティアグループと連携をとり関わりながら、地域の福祉の拠点となるよう努めます。
■職員構成及び処遇について
(1)魅力ある職場作りの強化
 ケアの実践により、職員一人ひとりに期待される役割が多くなるとともに、利用者一人ひとりと向き合う時間と機会が増えることは、ユニットケアを実践するうえでの大きな魅力です。介護の仕事が、そうしたやりがいのある職であるといった誇りを持てるよう、魅力ある職場をつくります。
(2)職員の資質の向上
 各資格取得の推進はもちろん、知識・技術習得の研修のほか、感性や価値観のレベルアップを目的とした外部研修への参加も積極的に促すとともに、毎朝の申し送り時間を利用して日常的に勉強会を取り入れるなど、具体的な計画と実践により、職場内研修も充実させます。
(3)職員の健康管理の強化
 ユニットケアは、利用者一人ひとりにより深く関わっていく、感情のぶつかり合う仕事のため、自己の感情のコントロールまで求められます。一人の職員にかかる期待は大きくなる結果、ストレスは強くなります。そうしたことから、新人職員はもちろん、全職員が心身共に健康で、明るく利用者に接することができるように、メンタルケアを重要視した、フォローアップ体制及び健康管理体制の強化に努めます。
■実施計画    
(1)安心できる施設づくりのために
・特養入居者の重度化に伴う医療ニーズの増大に対応するため、看護職員もできる限り夜間勤務を行う
ことで急変時に備え、介護職員の夜間の不安感解消及び入居者様・ご家族様の安心感を高める。
・行き届いたケアを提供でいるよう、委員会中心に有意義な研修の企画・実施を行い、朝の申し送り時間
を利用し、各部署や各委員会からテーマに沿って勉強会を実施し、知識技術のレベルアップを図る。
・お客様により行き届いたケアを提供できるよう、知識技術のレベルアップを図る。資格取得推進には、受
験勉強のために研修室の開放する他、情報発信及び実技試験勉強会を行う。
・ミニ虹の郷新聞を毎月1度程度発行し、ご家族様に送付し、生活の様子をお知らせする。
・各マニュアルの見直しを行い、より細やかな手順書を作成し、新人職員に指導することで、ユニット型のデ
メリットでもある職員のケアのバラつきや不安感による「介護職離れ」の軽減を図る。
(2)居心地のよい施設づくりのために
・個別ケアをより充実させていくために、入居者様おひとりおひとりのアセスメントについても、さらに細かい
視点で観察したうえで問題を把握し、ケアプランに反映させる。さらに担当職員の気付きを高め、プランに
はより具体的にケア内容を明記し、入居者様の穏やかな生活を支援する。
・入居者様がほっとできる空間をつくるために、家具や小物などの持ち込みを促す。
・施設で暮らしていても季節毎の楽しさを味わえるよう、各レクレーションや行事に工夫を加え、機能訓練の
充実を目指す。
(3)地域に根ざした施設づくりのために
・配食サービス(白河市食の自立支援事業)の普及により、地域のひとり暮らし及び高齢者夫婦世帯の安否
確認と栄養状態改善ができるよう、ポスターの掲示(施設内)とパンフレット案内(社協居宅)を行う。
・地域交流スペースを地域の多くの方々に活用していただけるよう、虹の郷ミニ新聞で活用内容の紹介や
案内をし行事の写真と共にホームページに掲載する。また入居・ショート利用のご家族様へ、また利用料
請求書送付時に同封し、施設内の様子と共に案内する。
■事業目標(入所者・利用者について)  
3月1日現在   入所待機者数 97名
入所者の平均要介護度  3.7
ロング・ショート年間平均利用者数目標  58名(96.7%)

平成22年度 行事計画及び施設内研修計画
施設名:大信「聖・虹の郷」
行事内容
研修内容
4月
 お花見ドライブ※
4月
 創世の歩みと運営方針
 開設記念行事(地域ボランティア協力)  大信「聖・虹の郷」の運営方針と組織
 以下※は各ユニット単位の行事  挨拶身だしなみ接遇研修会
5月
 お節句※(柏もち作りや菖蒲湯等)
5月
 身体拘束勉強会
 喫茶の日(厨房企画)  感染症対応勉強会(1)
 ガーデニング  緊急時の対応について(1)
6月
 虹の郷大運動会〜大信やまゆりと共に
6月
 事故防止対策勉強会(1)
 ドライブ(飛行場・牡丹園・買い物等)※  個人情報について
 大屋小学校〜福祉を学ぶ体験学習  苦情処理研修会
7月
 大信公民館主宰美術展
7月
 感染症対応勉強会(2)
 七夕まつり(流しそうめん・カキ氷等)※  食中毒予防勉強会(2)
   褥瘡対策研修会(1)
8月
 大信川まつりに参加
8月
 認知症ケア勉強会(1)
 虹の郷まつり  栄養指導(入居者・家族向け)
 夏の行事(花火・すいか割り・バーベキュー)※  緊急時の対応について(2)
9月
 敬老会
9月
 感染症対応勉強会(3)
 秋の行事(ピクニック・すいとん作り等)※  ケアプラン勉強会(1)
 大信中学校職場体験  災害対策について
10月
 紅葉ドライブ※
10月
 緊急時の対応について(3)
 秋の行事(いも煮会・お月見等)※  腰痛予防について(衛生管理)
   認知症ケア勉強会(2)
11月
 秋の行事(文化祭・ギョウザ作り等)※
11月
 事故防止対策勉強会(2)
 喫茶の日(厨房企画)  メンタルケア研修会
 信夫第1小学校〜福祉を学ぶ体験学習  褥瘡対策研修会(2)
12月
 クリスマス会※〜大信やまゆりと共に
12月
 嚥下勉強会(1)
 大信幼稚園演技披露と交流  ケアプラン勉強会(2)
1月
 新年会〜ひょっとこ踊りで祝う  認知症ケア勉強会(3)
 だんごさし(中新城ボランティア)※
1月
 嚥下勉強会(2)
2月
 節分※  栄養指導(職員向け)
 バレンタインデー※  感染症対応勉強会(4)
 信夫第2小学校〜福祉を学ぶ体験学習
2月
 嚥下勉強会(3)
3月
 ひなまつり※  認知症ケア勉強会(4)
   食中毒予防勉強会(2)
 
3月
 嚥下勉強会(4)
   緊急時の対応について(4)
   事故防止対策勉強会(3) 
  
1.ボランティアさんによる行事は毎月予定。
2.家族会は大きな行事に合わせて実施予定。
3.毎月の定期的な行事
アルソア化粧品わくわくメイクの日、映画鑑賞会
移動販売わくわくデー、カラオケクラブ等
※その他、研修報告会・各勉強会は、毎朝の申し送り時間を利用して行う。

 


事業計画
ページのTOPへ